ブログ一覧

光と砂のコラボ「サンドアート」

こんにちは
作業療法士の川﨑です。

みなさん、いかがお過ごしでしょうか?
日中はまだ暑いですが、朝晩は涼しく過ごしやすくなってきましたね。
私は、食欲の秋ということでモリモリ食べております。

今回は、先日実施した集団プログラム「サンドアート」についてお伝えしたいと思います!

【サンドアートについて】

その名の通り、砂を使った芸術活動全体を指します。

「サンドペインティング」や「グラスサンドアート」など様々な種類がありますが、
ひまわりでは「サンドアートパフォーマンス」を参考に実施しました。

専用のキットも販売されていますが、ここは作業療法士の腕の見せどころ!!!

小林さんが手作りキットを作成してくれました。
ダンボールを切り抜き、透明トレーの裏側に紙を貼って完成!

後は懐中電灯で下から照らします。スマホのライトでもきれいに照らすことができます!
※砂が細かいため、スマホにかかると故障する恐れがあります。ジップロックや袋に入れましょう。

【いざ、実践】

ブルーシートをみんなで敷き、道具を準備したら
YouTubeにあがっているサンドアートパフォーマンスの動画をみて、イメージを共有。

ゆったりとした音楽をかけ、電気を消すと・・・

ポワンと
やさしい光が手元に広がりました。

「すげー!!!」
「うわ!光ってる!」
「きれー!」

と子どもたちは大興奮!!

サラサラの砂の感覚も気持ちよさそうで
徐々に口数も少なくなり、声のトーンも落ち着いてきました。

砂の扱い方もそれぞれで、
手のひら全体で砂をなでたり、指で線をかいたり、
ゆすって砂が動く様子を見たりと色々な楽しみ方をしていました。

また、好きな絵を描いてお友だちと見せ合ったり、
完成した作品を写真で取ってもらったりしているお子さんもいました。

光や音楽、砂の柔らかい感覚など、スヌーズレンとしての効果もあり
新学期や運動会の練習の疲れが少し癒されたのではないかと思います。

コロナ禍でおうち時間が増えたこともあり
ゲームやYouTubeをみて過ごすお子さんも多いのではないでしょうか?

五感を使って遊ぶ経験は、新しい発見や学びにつながります。
準備が少し億劫かもしれませんが、ぜひご家庭でも取り組んでみてください!!

2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
PAGE TOP